【Succla☆として生きる土台の一つのエピソード☺️✨】


=========================

   この人生の中で

 何を残していきたいのか

=========================

いつもそんなことを考えて生きて來た。

●この人生がある意味

●この人生に対する在り方

●この人生がどれだけ

 地球の役に立てるのか🌏

地を這いながら

知識を超えた智慧を得、

生きた學びを積み重ねて來た。

逆に言うと、知識なんて何もない。

だけど、

#経験が知識を超える瞬間がある❗️

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そこにあるのは

#人生経験

という真実。

そこから得る學び。

學びから得る智慧。

そんな経験は山ほどして來た。

私がまだ

若干20歳になるかならないかの頃、

OLをしていた時期があります👩‍💻

「そんな時期があったんですか⁉️」

とよく言われますが、

IT業界でバリバリに経験していた

時期が実はあります。

当時はまだITの先駆け時代🖥

まだまだ紙が台頭していた時代で、

まだDosのコンピューターの時代でした。

その頃、ITエンジニアといえば

大変重宝されており、

時代もバブルだったこともあり

引く手数多でした✨

しかし、何年も実績を積み重ね、

その業界で上り詰め、

大手上場企業や国の間などの案件に

携わっていたある日、

🌸

『私の人生このままで良いの❓

 このままITで上り詰めて

 IT企業を経営し、

 会社を育てていく。

 それ私のやるべき、

 生きるべき人生なの❓❓』

と。

🌸

『いや違う‼️

 私は私にしかできない

 何かをやり切りたい❗️

 そして、私から始まる人たちに

 幸せと笑顔を届けたい❗️

 私はその為に生きたいし、

 命を使いたい‼️

 代わりのある志事は終わりだ‼️』

それが心に飛んできた時。

氣が付けば後先考えず

その心一つで会社に辞表を出していた。

IT業界の先駆けとして走り抜け

ヘットハンティングの連続で

上り詰めた答えがそこにあった。

そして、

『やり切った❗️』 

と自分の中で業界を去ることに

後悔が1ミクロもなかった。

本当にやり切った。

どこまでも自分を高めながら

本氣で生きたあの時間があった。

だけど、それ以上に

人生を懸けて

命を懸けて

魂を懸けて

生きたいと想える道がすぐ傍にあった。

ITよりも長い時間、

私はそれと連れ添っていた。

#灯台下暗し

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして、OLだった時にも

その片鱗はすぐ隣で

私を微笑んで見守っていてくれたんだ☺️

私は私のすべてをこのお役目に掛ける。

それまでとは違う、

太く固く強い一本の道が

私の人生の先を照らした。

そして本格的に

サイキック "Succla☆" は生まれた☺️✨

誰かのために

何かができる喜びは世の中沢山ある。

だけど

=============================

 Succla☆にしかできないことを

 更に突き詰め伸ばし高め、深め、

 一人でも多くの人たちの

 ●涙を笑顔に

 ●絶望を希望に

 ●不安を安心に

 関わる人たちの人生の暗闇を照らす

 時に太陽であり、時に足元の灯火で

 あり続けたい。

 歩くのは自分。

 生きるのも自分。

 誰かが自分の代わりに

 人生は歩いてくれない。

 だからこそ、自分にしか

 乗り越えられないことは沢山ある。

==============================

自分の悩みや問題の意図や

意味をしっかりと理解できる自分。

自分の問題を

自分で乗り越えるための智慧

自分の無限の可能性を開き、

悩みや苦しみを減らして行く方法

何より

#自分自身の無限の可能性を開く鍵🗝