【Amazon新着ランキング 1位獲得】

Succla☆の”幼少期編” として出させて頂いた

『さくらが咲く頃に』

Amazon新着ランキングで1位に

この幼少期編では ただの幼少期の記録や 記憶だけでは留まらない、

この文章を通して この経験を通して

それを生きる糧として 生きてきた軌跡が詰まってます。

その人生の中から

何を得て 何を學び

経験を生きる智慧に変えてきたのか。

それを含めて どう伝えられるだろうか。

何十年という人生を集約し、 そこで得た學びや智慧を届ける。

そんなことを考えながら 何度も文章を読み返し、執筆しました。

私の大切な人生の土台。 私の人生の始まり。

途中、詳細等割愛させて 頂いている部分が多数ありますが、

壮絶なる人生の中から得た 智慧や乗り越え方 未来に生きる活かし方

を含め伝えられたらと思っています

本文のように、幼少期の経験がすべて

「人の命に寄り添い生きること」 「人の心に寄り添い生きること」

に繋がり、そしてそれが 私の生きる意味となり この役目を果たす源になりました。

そして、今も多くの試練や 病氣を乗り超えて生きています。

//  命の時間は待ってはくれない。 \\

命の時間は今もこの瞬間を 刻一刻と進み通り過ぎている。

本文で伝えたいことは、 私の経験を通して得たことが あなたの役に立てるのなら間違いなく

=====================   今この瞬間を生きる  あなたの心を大切にし、    力になりたい ======================

ということ。

そして、

=======================  今この瞬間に感じる意識や  現実を変えられるのは、  あなたの意思と行動しかない =======================

ということ。

それがわかっていても 踏み出せないこともある。

だけど

”それでも前に進みたい、変わりたい”

と感じるあなたを応援し、 道を開くお手伝いと、 歩む道を照らす灯火として共に進み 応援するために私は今を生きる。

私の命の時間が あなたの心の力になれるのであれば 喜んで力になりたいと想っています

そんな想いで幼少期編を書きました。

かなり割愛されている部分もありますが、 衝撃を抑えて読みやすい形にしています。

そして、皆さんに出逢いの感謝を込めて 今月末、明日までは特別価格の 99円 で お読みいただけるようにしています

お求めの方はコメント欄より ご覧ください

この本を愛と勇氣と希望のパワーが届く "Power Book" として 活用して頂けたら嬉しく思います


そして、 その流れで書き終えた後 天から響く心地の良い言靈・・・

『魂年齢のことを知っていますか?』

と。

今までも

【 魂年齢 】

のことを 幾度か聞いたことはありますが 詳しく聞いたことがありませんでした。

私はサイキックリーディングの中で 過去世を視に行くことがよくあります。

それも、その人の "人生が終わる5分前" に起きる風景に。

その人が人生の最後に、次の世に つまり、來世への望みを伝えるシーン。

その人の生きて來た人生が 映画のようにすべて流れ、 その判断をされながら最後の願いを伝える。

その部分を視た時、 その人の來世への望みと想いが視える。

その時、 あまりにも無茶な望みをしている場合 死を司る善悪二人の死神の内、 選ばれた一人の死神から

『"魂年齢" が達さないと  この人の望む來世に行くことはできません。

 その望みを叶えるなら、  来世は "魂年齢" を上げるために  徳積みし、悟りを開きなさい。

 そして、望む未來を  手に入れられるように  その土台を創るのです。』

などという言葉をもらうシーン。

そしてほどなくして その人は肉体を卒業していく。

そんな姿を視たことが幾度かあり 氣にはなっていた【 魂年齢 】

ふとそんなことを想い出した。

人は人生で2度、通信簿をもらう。

最初は學生の時、 そして、最後は肉体を卒業するとき。

その通信簿の評価で 次の生まれ変わりの層の判断材料になる。

今の人生を終えても、望む未來(來世)が 必ずしも手に入る訳ではない。

だけど、日々の生き方でそれも可能になる。

人生とは無限の可能性の塊でしかない。

==============================

 でも、一体自分は魂年齢が何歳で、  何を望んでこの世に降りて來たんだろう

==============================

氣になって仕方ないので 詳しく聞いてみることにしました。

すると・・・

===== 明日へと続く =====

明日、魂年齢のことについて、 そして【重要なお知らせ】をお伝えしますね。

Amazon新着ランキング1位 本当に皆さまのお陰です

ありがとうございました

これからも魂のことについて 生きるお役に立てれること お伝えしていきたいと想います。

引き続き宜しくお願いします

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆


1回の閲覧