【12年ぶりの "ナポレオン" 登場🐎】


実は昨日、高熱で一日うなされ、

骨が痛くて痛くて動けず

寝たきりの一日を過ごしていました😭💦

でも、

そんな時に考えることは偉人のこと。

いつも辛い時は

偉人のことを考えて

乗り越えようとしています💪

すると、

久しぶりにナポレオンが目の前に👀

2008年に目の前に現れて以來、

声は聴いていたものの

実際の姿を現れたのは12年振り✨

ですが昨日、苦しくて痛くて

意識も朦朧としていたとき

その姿と共に現れてくれました。

熱も病も人間であれば

平等に起きる現象です。

ナポレオン自身も

セントヘレナ島(※)という

絶海の孤島で胃がんにより

最期を迎えたそうです。

目の前に立ったナポレオンが

私に伝えてくれた言葉が、

==============================

 私は後世を目指してのみ生きていた。

 お主もそうではないのか。

 こんな熱にうなされてる暇はない。

 立ち上がり前へ進め。

 お主にはお主しかできぬ

 やらなければならぬことが

 あるだろうが。

 我は生涯かけて

 我にしかできぬことを貫き通した。

 お主も生涯かけて

 お主にしかできぬことを貫け。

 《忍耐》を勝ち得たものこそが

 先へと進める。

 《忍耐》は馬の乗り方に似ている。

 何度も何度も振り落とされて

 初めて馬を知る。

 馬を知れば

 馬に落とされることがなくなるのだ。

 なぜなら、馬と一つとなるからだ。

 これ以上の味方はない。

 《忍耐》は耐えれず耐えれず

 何度も過ごし、少しづつ

 鍛わり強くなるものだ。

 そして《忍耐》を知る。

 《忍耐》を熟知すれば

 《忍耐》を制する。

 そして《忍耐》と一つとなると

 《忍耐》と思わなくなる。

 次へ進むための梯子だと考えたら

 《忍耐》が辛くなくなる。

 後世の為に今を生きるのであれば

 どこまでも

 「#生きる希望を配る人

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 となるのだ。

 我は常にお主と共にいる。

==============================

熱にうなされ、

身体中の骨が痛みで苦しい時

いきなり現れたナポレオンの言葉でした🐎

初めて私の所に來た時は

まだSan Diegoに住んでいた時。

いきなり現れ、たった一言。

『パリへ來い🇫🇷

 そして我が棺に來るのだ。

 お主に渡したいものがある。』

それだけだった。

結果、それ以前と以降の出來事もあり

パリに住むことを決めた。

あれから12年。

ふと写真を探していたら

12年前のパリでの写真も

見つかったので今日はそれを載せますね。

それにしても・・・

熱にうなされながら考えさせられた。

そうだ・・・・・‼️

===== 明日、この続きとなる =====

【私は後世を目指してのみ生きている】

====== をお届けします☺️✨ =====

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




0回の閲覧