【"天の声" と 数多の世界の存在 ②】

『神様って凄いなぁ~。』 って。そして、 『親だなぁ~。』 って。 だから私の心には 常に神様が想う地球に対する愛と、 人間に対する愛や使命の目覚めの為に 何ができるか。 それを重ね合わせて 私も心の根底に置いて 生きているのだと思う。 そして、3歳からずっと 今も変わらず祈り続けている ============================ 「世界が平和になりますように。  世界中の子どもたちの未来を  安心安全の世界を残せますように。  例え、自分の命が終わっても。  それでも、生きた軌跡として、  生きた証しとして未来の時代を背負う。  そんな今の子どもたちや  未来の人たちに少しでも  より良い時代を残せますように。」  ============================ って。 それは、 私たちが互いが互いに思いやりを持って 命あるもの無いもの関係なく、 自分の周りにあるものたちを すべて大切に扱う心で感謝の心で 自分の中にある愛を目覚めさせ それが言葉や行動に移せたら 恐れから來る人を傷付ける行為も 非難中傷も互いに助け合い協力し合う、 また痛みを分かち合う そんな世の中を作り出して行けるんだと思う。 今、コロナの感染者の自宅や実家に 非難中傷の落書きや石を投げつけるや 傷付けるなどのニュースが 飛び込んでくるたびに 人の恐れの深さを感じ、 ”明日は我が身” かも知れない、 その状況の中で人を苦しめる現実。 ================================ 『自分がして貰って  "嬉しい" と思うことを人にしなさい。  自分がされて  "嫌なこと" は人にはしてはいけません。』 ================================ 神様がいつも私に 言い続けてくれていた言葉。 そして、 ============================ 『手を差し伸べましょう。  あなたがその手を受け取るならば。』 ============================ これもいつも言ってくれている言葉。 飛び込むニュースの中に 自分たちの都道府県以外の車が入ってきたら 石を投げる・・・冷たくする。 それだけ、人は見えない敵に怯えてる。 人の心が少しでも早く 本来の優しさ溢れる心を取り戻しますように。 見えない苦しみと戦うのは誰でも怖い。 やる方も、やられる方も 形は違えど苦しみを背負ってる。 そんな心を互いが理解しあい 支えあえる世の中になったら・・・ だからいつも思う。 全ての出來事に対して ========================  『愛と感謝と祈りを捧げよう』 ======================== って。 世界は広い。 見える世界 見えない世界 だけでなく 地底の世界 宇宙の世界 天界 悪魔界 天使界 精靈界 地獄界 無の世界 有りの世界 無限界 魔界 封印の界 想念魔界(魔界の入口にある世界) そして人間界 自分たちの知らない世界は山ほどある。 そして・・・・・ =======明日③へと続く======= 愛と感謝と祈りを込めて Succla☆


0回の閲覧