【"執着" を見極め "こだわり" を残す②】

😇 『一方、"#こだわり" とは、

 一言で言うと自己の極み、  高みへと進む乗り物のようなものです。  ”匠” ”極み” に達するには  その物事に対する心の熱量がガソリンとなり 〔こだわり〕という乗り物で深くまで  掘り下げ続け、その中の通常の生活では  見つけ切れない発見や宝を  多く手に入れて行きます。  そして、更に深く進むと  見極める目を養い、  自分の感性の精度を上げ、  人の氣付かぬ更に深い領域まで  こだわりぬいて掘り下げていくことができ、  そこで見つけ得た物に対して  同じ志しを持ち、歩む者達や  そこに関わる者たちに伝え共有して行く。  それは、その者たちへ  新たな感動や発見や進化に貢献する  未来を拓き築くための行動となり  後世へと伝承していくことにもなるのです。  一人の命には限りがあります。  ですが ”こだわり” から見つけ手に入れた  宝と進化の伝承には終わりがありません。  "こだわり" とは志しを原点として  《行動》《思考》《探究》  この3つが最低でも重なって初めて  "こだわり" と呼び、自分の選んだ  極みの一歩へと時代を超えて残し続け  進み続けて行くものなのです。  これは人間の進化において  変化し続ける乗り物なので  非常に大切なものの一つです。 #こだわりは人を進化させる。  伝承に繋げられる。  "執着" とは心の整理整頓によって  終わりがあることで前に進めるものですが  こだわりとはどこまでも深く時代を超えて  掘り続けることで匠、極みを  次の時代に残して行ける大切な宝となる。  "こだわり" と "執着"とは  こういった違いがあるのですよ🌸 『なるほど・・・。  いつも深いお話ありがとうございました。』 そうやって会話は終わって 私自身も「なるほど❗️」と納得できました。 ========================= #説得するのではなく納得する ========================= という言葉がよく使われていますが、 本当にいつも神様との会話は 説得でもなく説法でもなく、 納得するお話が多くて感謝しかありません。 日々の当たり前の時間。 でもとても貴重な神さまとの会話の時間。 この時間を肉体を持ちながら 経験できる今日にやはり感謝しかなく これからもこだわり大切に 起きる物事に対して 《執着" なのか》《こだわり》なのか 見極める目をしっかりと育てて行きたいと 思います。 今日も読んで下さりありがとうございました。 愛と感謝と祈りを込めて Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸