【 人生はお母さんのお弁当箱 ①】

最終更新: 6月7日

~方位取りと祐氣取り~

私はお志事柄(おしごとがら)、

僧侶やお坊さん、神主さんと お会いすることも多いのです

私のお志事の一つとして、

●神社やお寺として、  聖地が乱れていないか

●年に一度、出雲に集まる時に  護りとする "式神さま" を  より良い環境にするため

などあります。

そして、 神社やお寺でのお役目の多くは、

===========================  祀られている神様、仏様と対話し  それを神主様や住職様にお伝えする ===========================

そんなお志事もしています

その中で、今回は、数回に分けて、 そのお坊さんから聞いた

『 逆方位取り・祐氣取り 』

のお話しをしようかと思います

Sedonaに住んでいた頃も、 よくこんな問い合わせが多くありました。

「方位取りに行きたいので  自分だけのパワースポットに  ツアーをお願いできませんか」

当時の私のSedonaツアーでは、 まず浄化の川で浄化し、 霊性をクリアにして、

更に高めた後に 自分だけのパワースポットに行き、 メッセージをお伝えする。

そんなツアーをしていたのですが、 その方もまた同じ。

吉方位の方角がSedonaだった為、 最高の方位取りがしたいと來られたのです。

こうやって方位取りをされる方も 多くいらっしゃいます

ではまず、

『方位取りと祐氣取りの違い』

について、一般に伝えられている内容を 簡単にお伝えしますね


『 方位取り と 祐氣取り 』

==========  方位取り ========== 「気学風水」では吉方位に引越しをして  その地に長期間住むことを 「方位取り」といいますね。

●「方位取り」は居住地を吉方位に  移してしまいますから、  一時的な移動よりも効果は非常に強く、  その場所に住んでいる間は  永続的にその吉作用を受け続けます。

●自分自身の「氣」が定着するまで  60日掛かるので出来るだけ  その間は無外泊、そして23時までに  布団に入ることをお勧めします (氣学では23時が日にちの変わり目なため)

●距離が遠ければ遠いほど効果は高いが、  近くても1km以上であれば大丈夫。

●なるべく純粋な「氣」を吸収するために、  出来るだけ方位の中心へと向かう。 (他の方位の境界線近くは避ける)

==========  祐氣取り ========== 旅行や出張などで一時的に吉方位の 「氣」を浴びて再び帰ってくることを 「祐氣取り」といいます。

●「祐氣取り」は一時的な移動ですので  通常、旅行や出張などが該当致します。

 距離と時間に比例して  効果が高まりますので、  「遠く」に「長く」が原則となります。 

●距離の効果は12,000kmをピークに減少する。 (氣が混ざるため)

●60日間以上の連続した  「祐氣取り」を行なう際には、  帰りの方位も関係してくる  (氣の拠点が移り、方位取りと同じになる)

=============  双方の注意点 =============

「方位取り」は 方位の中心を進み、 なるべく純粋なものを得る。

「祐氣取り」は 60日以上すると効果はあるが、 帰る時の方位も考慮しなければならない。

吉方位と凶方位とでは 影響力に大きな差があり、 凶方位は吉方位よりも "3倍の影響力" がある。

なので急いで変えても "3倍の労力" が必要となる。

60日以上の祐氣取りであっても 帰りが凶方位の場合は 逆に運氣を下げてしまいます。

これは目的地に達した時の話であり、 経由で凶方位に宿泊したら その日数分だけ凶作用を受けてしまいます。


これが一般的な 『方位取り と 祐氣取り』です。

では、実際に神社やお寺で、 土地の鑑定と神言を伝えるために お伺いした時に聞いた

"逆方位取り"  

のお話しをしようかと思います

=======明日②へと続く=======

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆