【"コンプレックス" を抱えるあなたへ📨】

子どもの頃、

家では

「あんたは普通の人と声が違う❗️」

「氣持ち悪いから喋るな❗️」

そんなことを言われてたなぁ・・・

とふと、想い出した。

でも、当時學校でも同じで

「人と声が違うよね⁉️」

と何度も言われ続けた。

でも、

あまり個人的には氣にしていなかった。

それ以上に

氣にすることが山ほどあったから💧

●どう生きるのか

●命とは何か

●生きるとは何なのか

幼稚園の時に近所のお家で見た

掛け軸型のカレンダーに

==============================

『不幸は不幸ではない。

 あなたが乗り越えられる試練である』

==============================

と書かれた言葉が生きる励みだった。

今考えたら

よく幼稚園児であった当時の私が

そんな言葉が腹に落ち、

その後の人生を支えてくれたかと思うと

やはり言葉は言葉が大事ではなく、

==============================

    そこに在る言葉からの

   エネルギーが人を力付け、

  人を支え、人を活かすのだと思う。

==============================

そして、

そんな生活の中だからこそ

声がどうであろうと、

話すなと言われようと

「そっか、話しちゃいけないのか」

で終わっていた。

でも、20歳の時、

今のお役目を初めて数年経ったあるとき、

『先生の声を聞きたくて連絡しました📲』

『先生の声に癒されるんです。

 どうしても先生の声が聞きたくて』

と言ってくれる人が増えた✨

その時に初めて

人と違うとダメなのではなく

『あ~、誰がなんと言おうと

 自分の心を曲げた生き方や

 悩む生き方ではなく、

 自分自身がありのままの自分を認め

 自分の生きるべき目的に

 向かい進んでいれば必ず、

 「良かったんだ」

 と想える日が來るんだ❣️』

と感じた。

誰に何を言われても

誰が認めてくれなくても

声を変えることはできない。

もし、この声で

誰かに迷惑かけているのであれば

そこを離れる必要もあるかもしれない。

だけど世界は広い。

世界中のどこかの誰かには

この声が力となり、この言葉が

立ち上がる勇氣になるかもしれない❗️

そう考えることができたとき、

 今あるコンプレックスは

 どこかの誰かの笑顔に為にある😊

と自分の思考が変換され、

苦しみという荷物が

背中から降りる日が來る。

一つ一つ背中の荷物を降ろしたとき

羽根が開き、自由に空を飛べる鳥になる🕊

例えそれがどんなことであったとしても

世界のどこかの誰かは

そんなあなたとの出逢いで

未来が救われることがある。

あなたが微笑みかける☺️💓

#ただそれだけで救われる命はあるんだ❣️

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

26年間「ドラえもん」の声で

子どもたちに生きる大切さを伝え続けた

大山信代さんも同じ。

子どもの頃から声が

コンプレックスだったそう。

でもそれを相談した母親から言われたのは

「人間、自分の生まれ持っているものは

 堂々と使わないとダメよ。

 おかしいなんて思わないで

 どんどん自分の声を

 そのままで使いなさい。」

子ども時代に悩んだ信代さんは

どれだけその言葉に救われたでしょう✨

自分の経験を通して大人になった時、

子どもたちに堂々と生きる大切さを

心を込めて伝えられる。

言葉に深みと重みが重なり届く。

私も同じ。

==============================

     過去の経験はすべて

   どんな経験であったとしても

 どこかで苦しみ立ち止まる人たちの心に

  そっとかける温かな毛布のように

    その人に生きる力を届け、

     一歩を踏み出す勇氣を

    届けられるのかもしれない。

==============================

今でも初めて出逢う人には

声の話をされることが多いけど、

それでも人の役に立てているのであれば

やはり

「この声で良かった💕」

と心から想います☺️

これからもずっと

あなたに生きる勇氣や力が

届けられる人で

在り続けられますように

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




0回の閲覧