【”まなび” には実は2種類の意味がある⁉️】


人は人生の中で壁に当たり、

自分でどう選択や決断をして良いのか、

苦しくて抜け出せない時などにもよく

 

 

#これは何の學びなのだろうか

 

 

と言いますよね😣

そしてその壁を乗り越えたあと、

 

 

『本当に苦しかったけど

 今では良い學びだったよ❗️

 

 あれがあったから

 今の自分がある。 感謝だね✨』

 

 

なんて話しをよく耳にしますし、

お金のお話でも

 

『今回は勉強代だったと思って次に活かす』

 

と悲しいことが起きても

使う言葉でもあります。。。

 

 

 

 

そんな誰でも使う

 

 

#學び

 

 

それには様々な深さの意味として

捉えることができるのですが、

その『學び』について

#神様に聞いてみました😇

 

 

 

🌸

『神さま。

 

 みんながよく使う

 《學び》について教えてください。』

 

 

 

😇

『《學び》ですね。

 

 

 《學び》とは2種類あります。

 


 これから経験していくことを指す

 

 《#學備(まなび)》

 

 と、経験したあとのことを指す

 

 《#學美(まなび)》

 

 

 どちらも學びですが、

 その言葉の深さと意味が違います。

 

 

 《#學備(まなび)》とは、

 自分の意志によって心が動き

 行動する準備を整えることを言います。

 

 これは志を叶える上で

 とても重要な精神です。

 

 全ての物ごとはこの學備から始まる

 と言っても過言ではありません。

 

 これは始まりを意味する學備となります。

 

 

 そして、《#學美(まなび)》とは

 「美しく學びを得る」と書きます。

 

 この美しさとは心の素直さや純粋さ。

 磨かれた心の美しさの輝きを

 私たちは愛から學ぶ生き物だと

 いうことなのです。

 

 この學美は経験の中から自分の心と

 向き合い、七転八倒しながらも

 諦めず乗り越えた先に得る幸せや

 喜び、到達した心を表すことが多く、

 経験を終えて自らの答えが出たときに

 使います。

 

 

 こうやって同じ「まなび」でも

 意味が違うので、使い分けることで

 自分自身の心の意識が変わるかも

 しれませんね。』

 

 

 

🌸

『なるほど。

 

 おなじ「まなび」でも

 

 《學備》と《學美》

 

 では意味が全然違うのですね❣️

 

 また一つ勉強になりました。

 ありがとうございます😊』

 

 

そう言って会話を終えました。

 

 

 

 

こんな日常の生活の中での神様との時間😇

 

 

 私の學備の時間

 

 

これからも一瞬一瞬を大切に

命の時間を紡いでいこう。

 

 

この神さまとの時間や会話が

誰かの役に立てる。

 

 

そんな会話の中でまだまだ自分が高まり

聖長していけますように。

 

 

そして

もっと人の役に立てる人間になれますように。

 

 

 

 

心から

愛と感謝と祈りを込めて

 

 

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




0回の閲覧