【"ひな祭り" と "ご先祖様"】


今日は、

桃の節句であり、雛祭りですね🎎

 

 

雛祭りに雛人形を飾る理由も

昔から伝わる式神と似ていて


お雛様に女の子の穢れを移して

厄災を身代わりに引き受け、

清めてもらい、子どもに

災いが降りかからないように

という願いや、心清く幸せな人生が

送れますようにという想いを込めて

雛人形を飾るようになったそうです☺️

 

 

 

 

そして

 

"雛あられ"

 

にも意味があり

娘の健康を祈願するという意味を

基本に四季を意味する

 

「桃・緑・黄・白」

 

の4色を

 

「一年を通して娘の幸せを祈る」

 

という願いが込められたところから

始まったそうです💫

 

 

この4色について

神様にその意味を聞いてみたところ、

命を超えた "ご先祖様" まで繋がって

教えて頂いたのでそれをお伝えしますね✨

 

 

 

 

まず「桃」は

3月〜春にかかる頃を意味し

新たな芽吹き、つまり

 

「スタート」

 

を意味し

 

「聖長(せいちょう)」

 

を意味するとのこと🌸

 

 

 

 

次に「緑」は

5月を過ぎ、6月頃〜からを意味し

健康的に

 

「心身ともに育つ」

「育てる」

 

を意味するそう🌳

 

 

 

 

そして「黄色」は

8月終わり9月頃〜からを意味し

育った心身を更に取捨選択し、

深め自分の実とし

 

「収穫する」

 

時期を意味します🌾

 

 

 

 

最後の「白」は

12月頃〜を意味し、

 

「清め」

 

が主体となり

一年の中でタネを撒き、

それを芽吹かせ更に育て、

必要な物を残し収穫し深め

それを最後の締めとして

 

「清浄」

 

していく❄️

 

 

 

 

一年の総まとめであり、

更に清めていき

一年を終え、

後悔なく次の段階に繋げていく。

 

 

一年とはその繰り返しで

それができない時もありますが

その場合は次の年に

命ある限り持ち越しとなるそうです💡

 

 

 

 

ですが、

人はいつかは肉体を卒業します。

 

 

その時点で自分も魂の存在となり

ご先祖さまの仲間入りです。

 

 

聖長できる機会は終わり、

受け継ぐ時期へと移行します。

 

 

 

 

命ある時に一年一年育ててきた

自身の生き方や育てて來た時間で

生み出された

 

「徳」や「業」や「縁」や「運」

 

そして宿題も含め

子孫へ受け継がれていくのです。

 

 

 

 

#飛ぶ鳥あとを濁さず

 

 

 

 

そんな生き方を心がけるだけでも

子孫に残せるものが変わります。

 

 

今の自分の生き方は

雛祭りの雛あられのような

時間を過ごせているのか。

 

 

 

 

そんなことも考えさせて頂ける

神様との会話でした😇

 

 

「ひな祭り」とは

そんな深い日々の聖長を

余計な邪氣を祓いながら

応援してくれる🎎

 

 

そんな行事でもあるので、


子どもから大人まで今日という日を

改めて一年のスタートの日、

「春」として尊ぶことができたら


人生の豊かさに

繋がるのかもしれませんね✨

 

 

 

 

"雛祭り" という今日

 

 

あなたの人生の新たなスタートとして

深く豊かな一年に繋がりますように🌸

 

 

 

 

#あなたは一人じゃない

 

 

 

 

愛に溢れる時間を感じられますように

 

 

 

 

心を込めて、

愛と感謝と祈りを込めて

 

 

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸

 



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示