【魂年齢でわかるあなたの魂の役割 ②】 

『ありがとうございます。なるほど。  本来持っている正規の魂年齢と  現世に降りて來る時に定めた魂年齢には  違いがある魂もいて、その誤差は  5歳以上の差は無いということですね。』 『簡単に言うとそういうことになります。  そして解りやすく言うと  0~20歳 魂一年生  21~30歳 魂二年生  31~40歳 魂三年生  41~50歳 魂四年生  51~60歳 魂五年生  61~70歳 魂六年生  71~80歳 人間卒業生  であり、80歳を超えたら  人間を卒業するので  現世に降りるのではなく、  肉体を持つ人間たちの  サポートをする段階に入ります。  なので、肉体を持つことはありません。  ですが、中には「人間卒業生」の方でも  肉体の期限付きだと解っていながら  現世でのサポートを望み、  降りて行く魂も存在します。  それには様々な魂の理由があり、  望みがあり降りることを決めて行くのです。  そして私たちはそれも含め  一人残らずその命の営みすべてに於いて  こちらに戻るまでサポートし続けるのです。  そして魂年齢は生涯の中でその魂が  何を得て  何を學び  何を達し  そして何を考え行動して生きたか。  その  「生き方」  「在り方」  「心の在り方や行動」  も含め、総合的に判断して  肉体を卒業してから  その年齢の数が変わるのです。  それは次の世に同じ魂の目的なのか  違うのかはともかくとして  それを達成するために  現世に持ち込めるものが  魂年齢によって変化するので  魂年齢が低ければ  魂の目的を達成するための  基礎を手に入れるために現世に降り  必要な情報を手に入れることができますし、  高ければ高いほどそれまでの幾度となる  人生で得て來た経験が  その時々に目覚め活かされ、  更に深いレベルで  魂に刻まれる経験も積むことができ、  學びや智慧も増え目的も達成されやすくなり  周りのすべての人や環境に  喜ばれる存在として功徳の人生を  豊かに過ごす人生を選べるのです。』 『なるほど。  本当にここでは言い切れないほど  奥が深いのを感じます。  いつも本当にありがとうございます。』 そう言って会話は終了した。 魂年齢かぁ・・・。 魂には様々な想いがあり、 様々な目的があり、様々に理由を持って この現世に降りてきます。 その基盤となるのは、 今まで例えば・・・・・ =======明日③へと続く======= 愛と感謝と祈りを込めて Succla☆


2回の閲覧