【種族とは】


人という『種族』


=====================

人という種族は

何のために生まれ


人という種族は

何のためにこの世を生き


人という種族は

何を成す為にこの時代を創り


人という種族は

何を残して行くのか


そして、

何のバトンを次へと繋げて行くのか


=====================



”個”としてではなく、

家族や宗教や国も超えて

更には ” 人種 ” さえ超えた



『人間』



という括り。





それを超えて ≪ 生物 ≫ としての役割。





そこを深く掘り下げることで

あらゆる問題の解決の糸口が

見えて來るんじゃないだろうか。





それは、個人間の問題においても・・・





役割や生きる命の時間の使い方を

忘れずに意識下に置いていることで

木の集合体である森が果たす

役割も意味も見えてくるのではないだろうか。



そんなことを時々考える。





動物ではなく

植物でもなく

鳥や魚でもなく

虫たちでもなく



『人間』



という種族に産まれた役割。





私たちのまだ見ぬ

無限の可能性の脳に刻み込まれている



『種族』



としての役割が

長い眠りから目覚めるとき、



今の世界情勢や森林火災、

ウイルス、天災が物語る警鈴を鳴らす





声にならない声に氣付き、

一人一人が耳を傾け、

意識の深さを深め

その役割の氣付きによって目覚めていく。



その先に



『 奇跡💫✨



と呼ばれる未来を残せるかも知れない。









いま、私たち人間という

『種族』が目覚める時代が來ている。



いや、もう遅いのか・・・

2030年がリミットとされている



アジェンダに残されている記録が

そのままの流れとなれば・・・



ホピの予言の岩に残されている

予言がそのままとなれば・・・



考えだしたらキリがない





だけど、人間という『種族』は、

その存在を残すために

安心よりも不安を多く持つ種族であり、

そのお陰で

ここまで繁栄してきたのも否めない。



だけど、

今は不安に身を震わせるより

希望に胸を張って



「生きる無限の可能性の力」



を呼び覚まし、立ち上がることで

未来の不安を希望の安心感へと

変えて行けるかも知れない。



それは、

一人一人の意識によってしか

起きえないこと。





それが重なった時。





地球における 人間という種族の役割 が

他種族との共栄共存の

輪の中で一つの形が生まれ



地球自体が本来あるべき姿へと

安心安定した世界へと戻って行き

そこでまた、それぞれの種族は

その時代に合わせた繁栄、衰退、再生を

繰り返しより美しい星が守られて行く🌍



争う必要も

不安になる必要も

誰かと比べる必要も

妬み嫉妬し苦しむ必要も



そして



自分を評価することも



何も必要ない。





あなたは

あなたの愛で生きればいい💕



あなたは

あなたのそのものの愛を

そのまま表現して生きればいい☺️



全てを超えて

素直な心のままに



大切なものを大切にしていく心は

自分だけでなく、恐れることなく

他の存在全てに分け与えればいい



疑いも不安も超えて

争う必要もない。



本当の意味での守りは

争うことでは得られない。



あなたの愛が自分を解放する💕



自分を解放することで

自分の殻に閉じ込めている

自分を枠で形付けてしまっている自分を

一番向き合い見つめ、

そして抱きしめ、赦し、認めてあげられる。



愛をただ表現するだけ

計算も打算も何も必要ない



愛をただ分け与えるだけ😊💓





無償の愛💕





恐れを超えて



信じてみて



自分という一人の人間を





あなたの源はすべて

” 愛 ” で始まっているのだから💓





愛と感謝と祈りを込めて



Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




0回の閲覧