【神様に聞いた七夕の意味】

今日は7月7日、『七夕』ですね🎋

『七夕』とは

元々旧暦の七月七日が

盆始めとなり、ご先祖さまへの

ご供養やお墓のお掃除など

準備を始める日でもあります。

そして七夕と言えば "竹笹"🎋

元来、竹は神聖なもの。

笹は殺菌力が強いことから

厄除けとして、厄払いの儀式にも

使われていたそうです。

そして竹笹自体が

"神様が宿る場所" と考えられていたので

とても神聖なものとして

日本では室町時代から

始まったのだそうです。

元々中国で祭壇に針や糸などを供えて

機械や裁縫の上達を祈る所から始まった

『七夕』

織姫様と彦星様への感謝を込めて

神聖な竹笹を立てたのだそうです。

そんな中、

#神様に織姫と彦星と天野川の関係

について色々と聞いてみました☺️

すると、

😇

『織姫とは優しさ、温もり、

 愛を司る女性性を表します。

 彦星とは力強さ、具現化力、

 包容力などの男性性を表します。

 女性性だけでも男性性だけでも

 偏りが生じます。

 その間に流れる天の川は

 それらを統合する役割を持ち

 一つの大きなバランスの取れた

 エネルギーの流れる場所を作ります。

 そのエネルギーは利他の心によって

 輝きを放ちます。

 その輝きは、重なれば重なるほど

 より多くの人の暗闇を照らす光となり

 温もりなり、それらが繋がった時、

 初めてそれまでの努力や積み上げた

 経験から來る智慧が集まり、

 人だけではなく存在する全ての

 役に立って行くのです。

 その一つ一つのは集まった時、

 利他への永遠の輝きとして

 心を照らすのです。

 天の川を見ると深い部分の

 心が癒されるのは、

 多くの今までを生きた存在たちが

 あなたに照らす温もりとなって

 空で輝いてくれているからなのですよ。』

人は自分以外の利他の役に立って

初めて人生も輝きだす✨

そして、人は最終的に

それを望んで生きているのだと

私も魂年齢やその他のリーディングを含め

多くの人と関わらせて頂きながら

感じることが多くあります。

2020年、今年の七夕🎋

ご先祖さまに感謝を込めて

あなたの夢や想いが温もりや優しさ、

愛に包まれながら

力強く具現化していきますように💓

心を込めて

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸





1回の閲覧