【“瞑想”とは何か】


『瞑想とは何ですか?』と




そしたら、

返って來た答えは

こうだった。




『瞑想とは空(くう)の

世界に行き着くことです』




『空(くう)の世界?

それは

どんな世界なのですか?』




その時、初めて聞いた

本当の

"空(くう)の世界”




どんどん興味が湧き

神様との対話は続く。




『空(くう)の世界とは

何も無い世界です。

ですが、何もないことが

全てあるのだと

氣付く世界でもあります』




『人は見える答えを

求めすぎています。


それは安心感との

引き換えの心の形だと

知っています』




ですが

見せる世界にあるものには

限界が生じ



見えない世界が

それを助ける




心は見えないけれど

心遣いは

形となり心が見える。




人は時にその形を求める




空氣は見えないけれど

生きる命を

支えてくれている。




人は時折、深呼吸で

生命の存在を

その身に感じる。




多くの存在は

見えないものに

救われていますが

見えないから

形がありません。




感じるしかできないのです。

見せる世界だけで

生きようとすると

そこが苦痛になります。




形を求めることに

終わりが無いからです。





そこに悲しみや

怒りや

悔しさは存在します。




ですが、

その先には



喜びや

理解や

幸せや

納得にも繋がることができ、




そこは心が感じる

見えない世界に属します。




そのころ、

見えない世界を体感し

感じ始めるのです。




そして

その大元が感性です。





だからこそ人には

“感性”と呼ばれる

感覚を持つのです。





見えるものだけに

頼るのではなく

自分の感性という

見えない感覚を

研ぎ澄ませたとき




それは最大限に開き

見えないものを

感じる力は目覚め

高まって行くでしょう。




形が無いということは

すべての形が

そこに存在している。




そこに心を

届かすことができたら




🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱



何も無いことがすべてある。



🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱




そこに氣付く境地に

立てるのです。




形あるものいつかは無くなる。

と言いますが …




その形と過ごした

想い出は

自分が消さない限り

消えて

無くなることは無いのです




これは、

形を超えて形が無くとも

見えない世界が

あなたと共に在る。





見える世界と

見えない世界が繋がり

垣根を超えた

瞬間でもあるのです。





これは

入口にしか過ぎません。

つまり、形は無くとも、

すべて在る。

の入口に立ったのです。




そして、

その境地に立てたならば、




空(くう)の世界はどんどん

あなたに想像の枠を超えた

すべてを

もたらせてくれるでしょう。




そして、

見えるものに答えを求め、

形を得る世界だけではなく




その垣根を超えて

見えない世界との共存を

自分自身の心根が