【溢れ出る涙 と ありがとう ①】

最終更新: 6月7日

大泣きした😭 嗚咽して止まらないぐらい こんなに大泣きすることが あるんだろうか😭😭😭 そう思うぐらい。 私がSedonaに住むことになった 一番最初の家から徒歩5分くらいの所に ========================== 世界7ヶ所の一つである ブッダの骨の欠片が埋められている場所 ========================== がある。 とてもパワフルで私の大好きな場所。 そのパワフルさは 來る人によって受けるエネルギーの 強さは違う場所。 その人の器に合った形で それを少し超えるくらいの エネルギーをくれる場所。 だからToo muchにはならない。 本当に神聖な場所で よくブッダからのメッセージを 頂いていた場所でもある 昨日、今回の世界を巡っている 旅路のプログラムを組んでいた メインの日でもあった。 だけど、 私の怪我のために訪れていた 奇跡の治療家の先生の所で、 予定外に時間がかかり過ぎた💦 一昨日の倍以上の時間だったことで、 その後に訪れる予定だった、 私が完璧にまで計画していた 私のクライアントさんへの 施術プログラムが全て狂ってしまった💦💦 私の足の治療が終わった時は焦り、 その後の私のクライアントさんの プログラムをどう組み直すか。 材料が無くても ある物でメニューを作り 料理をするのは長い経験から とても得意だ。 だからこそ、 それは志事にも活かされていて、 このたった2時間しか無い中で クライアントさんに入れる エネルギーのプログラムをどう組むか。 靈力を上げる為に どこが外せなくて どう組み込むか。 本氣で悩んだ。 そして、 完璧なプログラムにするために 必ず訪れる必要のある場所が 一ヶ所だけあるが、 もう夜になってしまい時間がない。 その場所が、この 「ブッダの場所」 だった。 外はすっかり暗くなってしまったため、 私は今日そこへ行かないことを 決めた瞬間、全ての覚悟を決めた。 借りているレンタカーの insuranceの関係上、 私が運転することが出來ない。 つまり私一人では車は使えない。 しかし、飛行機の都合上 Sedonaで過ごすことのできる 可能な時間は、あと明日の早朝しか 残されていない。 だとしたら、 朝の4時には用意して 普通に歩いて1時間半。 この足だと2時間以上は掛かる。 それでも私は絶対に妥協出來ない❗️ 足がこれだからと、 言い訳もしたくない‼️ 何のためにここに來たのか。 何を成す為に全てのスケジュールを ひっくり返してまでここに來たのか。 何が何でも成し遂げる。 助けたい命のために。 そう想い、覚悟を決めた。 「歩いて行こう」と。 なので、 朝の4時前に起きて用意した☀️ 用意の途中、声が聞こえてきた。

========================== 『禊(みそぎ)をしてから來なさい。  待っています。』 ========================== その言葉通り、朝早かったが シャワーを何とか浴びて 6時に出ようとした瞬間。 " やはり私は守られてる " クライアントさんの奥さんが お手洗いに起きたタイミングで、 「Succla☆ちゃん何⁉️  どうしたの  こんな夜が明ける前に。」 「いや、やっぱり  今から私一人で行って來る。  これは妥協したくない❗️」 「えぇ‼️辞めなよ、  その足でいくの⁉️  そこまでしなくて良いよ❗️  どれくらい掛かるの」 と聞かれ、 「普通に歩いて1時間半。  でも、パリでは15時間歩いたし  そこはここから5〜6キロだから  大したことないよ❗️」 「そんなのダメだよ。  足が心配だよ。」 そう言われ。 「だけどね、私、後悔したくないの。  そこに行けなかったことで、  あ〜、あの時行けなかったから💦  なんて思いたくない。  自分の最大限のことを  尽くし切りたいんだよ❗️  だから私は行く。  その為に今回ここに來てる‼️」 意志の固さが伝わったみたいで、 だったら、と Uberを呼んでくれた🚙 Uberだとたかだか10分掛からない。 この足で2時間歩くのと車で10分。 雲泥の差だ。 そうまでしても行きたかった。 私の覚悟は半端じゃない。 まだあたりは薄暗い中、 私はついに到着した。 ・・・・・明日へと続く☺️ ・・・・・ 愛と感謝と祈りを込めて 2020年1月13日(月) Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸