【戦国武将の命の覚悟】

私は昔から 日本全国のお城に行くことが とても好きです☺️🏯 城に行き、城の中を歩き 天守閣からの景色を 眼下に想い巡らす 戦国時代、 当主である武将達は 何を想い、 何を目指し、 何に力を注ぎ そして、 どう命の時間を燃やし、 最後までその命の火を絶やさず 生き切ったのか。 城を歩くと聴こえてくる武将達の声。 そして想い。 死しても尚 未来に馳せる想い 今、 戦国の世からは未来となる「現代」 私たちは戦国武将達から始まる 想いのバトンを受け継いだ生き方が 出來ているだろうか。 城の至る所で城を " 守る工夫 " がなされている。 本当に至る所に。 家族を 家臣を 村人達を そして土地を 何より ================ 生き方の信念と    在り方の誇りを ================ 常に背中に担ぎ 戦国武将達は いつ殺されてもおかしくない 『今』を 氣を張りめぐらせ生きた。 『一瞬一瞬が奇跡の連続』 その中に命を刻んだ。 私たちは正しい情報を得ると共に その感性を磨き続けながら 自らの氣を張り巡らせ、 氣を引き締め選択と決断を迅速に 行わなければならない。 人々の個々に違う情報に振り回され 感情に振り回されていては 決断できる自分が居なくなってしまう。 どうか、情報過多になり過ぎず 正しい情報を精査し、 自らの感性を高みに高めて 大切な者たちを守る側に 一人一人がキチンと判断し 人や時代や環境などとも向き合い 生きれますように。 愛と感謝と祈りを込めて Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




2回の閲覧