【感謝とは】


「感」じて「謝」ると書き、

 『感謝✨』

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

どうしてそう書くのか、

これを神様に聞いてみました😇

すると、

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

😇

『《謝る》と言う言葉は

 《詫びる》

 以外に

 《お礼を伝える》

 など諸説ありますが

 ここでは私なりの見解を伝えます。

 「謝る」と言う時点で

 「反省」を伴います。

 「反省」とは

 「學び」を伴います。

 「學び」とは「氣付き」であり、

 「聖長」を伴います。

 ======================== 

  「聖長」とは

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   聖なる霊(魂)が長く、高く、

   深く伸び続けること

   →聖長(成長)です。

 ========================

 これは誰かに与えられるものでもなく

 自分自身しか望めない、自分しか

 達することのできない極みとなる。

 つまりは、

 《謝る》とは《聖長》

 そして

 《#感じる》こと。

 《感謝》に使われる

 《感じる》とは

 #心を超えて感動し魂が震えること

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 を言います。

 つまり、相手に対して、

 自らが氣付き

 聖長することを感動し、

 それを氣付かせてくれたことに

 お礼を伝える。

 《#感謝》とは、

 自らがより深く聖長する

 キッカケを与えてくれたことに

 『#ありがとう

 を相手に伝える心の現れなのです☺️✨

 ==========================

  「謝る」は「反省」

  「反省」は「氣付き」と「學び」

  「學び」は「聖長」

 ==========================

 #感謝できる人は學びの深い人

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 感謝を配れる人は氣付きの多さから

 人の聖長を導ける人。

 つまり、人に施し寄り添う愛は

 相手の聖長の一助ともなることに

 繋がるのです。

 こうやって人は學び合い、

 聖長し合いながらより良い時代や

 世を作るために一丸となるのです。』

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

この『感謝』という言葉も

本当に深いものなのだと

改めて感じることができました😊

氣付きが多くなることで、

これまでの自分が氣付かず

行っていたことや使っていた言葉に

「反省」を伴うこともあります。

本当にまた深く

私自身學びを得られたことに

《感謝》しかありません✨

あなたの人生に

「ありがとう」を言う数よりも

「ありがとう」を言われる数を増やし

共により良い未来の安心と

安全な世界に繋がる一助の存在と

なっていけますように🌏

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示