【強い信念の先にあるもの~青年のお話②】


目隠しをされたまま

そこでいきなり拳銃を持たされ、

連れてきた大人に介添えされ

何発か発砲した。

いや、発砲させられた。

そして、初めて目隠しを外された。

でも、そこで見た光景は・・・

目の前に自分の両親と兄弟の姿。。。

介添えした大人に

🕶

『お前は自分の両親や兄弟も

 殺せるんだから他の誰でも殺せるよな。』

と言われ、

戦争兵器として訓練を受け育てられて

戦争に駆り出された人生を送って行ったと。

その話を本人から聞き、言葉を失った。

そこからは必死に生き残ることだけを考え

生きた壮絶な経験と共に語ってくれた。

『生きろ❗️』

『生きろ‼️』

『生きろ‼️‼️』

『生きて戦争を

 終わらせられる人間になるんだ‼️』

そういう想いを胸に

チャンスを何度も伺っていたと。

その最後の戦争がイランイラク戦争。

彼は、一筋のチャンスを得た。

そして、無事に逃げ出せた彼は

そこから世界中を周り、

戦争のない世界を創るために

旅を続けていた🚶‍♂️

彼は過酷な状況下であったとしても

強い信念のもと、必ず生きて

戦争の現実を伝え続け、

「戦争を終わらせる人間になる❗️」

とその想いを貫き生きている。

あれからもう15年ほど経つだろうか。

彼はきっと今も

あの強い意志と共にその命の時間。

人生を歩んでいるのだと思う。

苦しみや悲しみの先には

自分の本心と出逢う場所がある。

その本心は

奥底に眠る自分の生きる信念。

●自分はどう生きたいのか

●自分はどう在りたいのか

●自分はどういう人生を送りたいのか

●”#自分が目指す自分”に今、

 自分がどれだけ近づけるために

 動いているか。

ふと、想い出したあの時の青年の話が

私の今にも影響を与え続けてくれている。

#人は人との出逢いで人生が変わる

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

だからこそ、

自分の身近にいる周りの人は

すべて尊敬できる人しかいない。

そんな今を過ごせていることに

感謝という言葉では足りないくらい

感謝が込み上げる。

人との出逢い。

この間の満月の夜🌕

前日にお知らせしたZoom飲み会なのに

70人以上の人が参加希望と返信をくれ、

当日も出入りはあったものの

ほとんどの人が参加してくれた🍻

これもまた一期一会の素晴らしい出逢い✨

本当に感謝しかない。

●どう生きたいか

●どう在りたいか

●どう生きた証しを残し

 背中を残して行くか

まだまだ昇り続ける自分の命の時間を

大切に生きよう。

そして、一人でも多くの

人の役に立てていけますように☺️

改めて心に誓った満月の夜となった🌕🐇

出逢ってくれたあなたに心を込めて

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸