【強い信念の先にあるもの~青年のお話①】


一人の時間。

《命の使い方、在り方について》

考えていたとき、

ふとある日のことを想い出した💡

セドナで出逢ったある若い青年のお話。

彼は一つの信念を持って生き、

彼は自分の強い想いを伝え続けるために

世界中を周っていた。

その中の一つにセドナに巡り來たのだ⛰

その#信念 とは、

💁‍♂️

『僕はね、世界中を周って

 どれだけ戦争というものが

 多くの人を傷付け、苦しめ、

 悲しめているのかの現実を伝えたい❗️

 そして本当に戦争のない世界を

 創りたいんだ‼️

 だからどこまでも

 僕は世界中の人たちに伝え続ける‼️』

彼は当時まだ20歳そこそこだった。

イランイラク戦争

そこから

何とか逃げて抜け出して來た子だった。

💁‍♂️

『戦争をして解決できることが

 どれだけあるのだろうか。

 戦争をしなくても

 解決できる方法を探して欲しい❗️』

彼の切なる願いだった。

それは彼の壮絶な幼少期から始まる。

彼がまだ幼い頃、

いきなり親に売られてしまった。

買った人間からその場で目隠しをされて、

グルグルグルと回され

飛行機に乗せられたそう。

もちろんどこにいくのか、

誰に連れられてるのか

何もわからない。

数時間後であろうか、飛行機を降りて

ある小屋に連れて行かれたそう。

目隠しをされたまま

そこでいきなり拳銃を持たされ、

連れてきた大人に

🕶

『撃ってごらん。』

と介添えされ何発か発砲した。

もちろん、

引き金を引く力なんてある訳がない。

でも、発砲させられた。

そして、初めて目隠しを外された。

でも、そこで見た光景は・・・

=======明日②へと続く=======

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸