【子どもの頃、何になりたかった❓】


幼い頃、

"着せ替え人形"

がとても欲しかったのを想い出した🧸

近所の子どもたちが

色んな着せ替え人形を

持って遊んでいても、

私は入ることができなかった。

だって、私は何も持っていない。

だからよく捨てるような裏箱や

新聞広告の裏の白い部分を使い、

自分で絵を書き、

自分で "着せ替え人形" を作っていた🧸

髪の毛が長くて

クルクルに巻いている

お姫様が大好きで、

素敵なドレスに憧れて

色んなデザインを考えては

着せ替え用のドレスを作ったりもした👗

全てが手作り。

人形も洋服もストーリーも。

その内 "着せ替え人形" から卒業し、

新聞広告の裏に

"マンガ"

を描くようになった🖋

自分だけの世界。

苦しくもない

辛くもない

悲しくもない

自由な世界

その世界でのみ

私が私でいられた☺️

私が生きても、存在しても

誰にも疎まれない、

誰からも邪魔者にされず

誰からも存在を無視されることのない世界。

紙の上に生きる私だけは

いつも笑ってた😊

いつも冒険してた⚔

いつも自由そのものだった✨

一番最初に描いた自分で作った漫画は

《ある王国のお話》

=============================

国の危機瀕している王子の前に魔女が現れ、

満月の夜、丑三つ時🌕

ライオンの口の岩の洞窟に呼ばれ

そこで

「4つの石を見つける旅に出ろ💎

 それを見つけたら願いは叶う✨」

そう言われ、国を救う為に

青、赤、緑、黄色の4つの石を

求めて冒険するストーリー🧩

ただし、その4つの石は

同じ時代にあるとは限らないということ。

そして、魔法の掛け合いで

国々が争いとなっていること。

攻撃は魔法🧙‍♀️

どうにもならない💦

主人公が居た世界は中世ヨーロッパ。

マリーアントワネットよりも

遥か昔の世界。

そこから様々な世界に主人公は飛ばされ

「その時代で石を見つけろ❗️」

と言われながら飛ばされる。

もちろん現代にも飛ばされる・・・

=============================

そんなストーリーだった。

いま

『文豪ストレイドックス』

という漫画(アニメ)が

うちの事務局で流行っている📖

太宰治

芥川龍之介

福沢諭吉

宮沢賢治

与謝野晶子

森鴎外

夏目漱石

などなど実在する

文豪たちのキャラクターが

ある特殊な「異能力」を持ち、

繰り広げられるアクションストーリー🖋

その異能力の名前も

文豪たちの実在する作品名で

太宰治の異能力の名は「人間失格」

芥川龍之介の異能力の名は「羅生門」

などなどなかなか面白い。

仕事を終えた後や

休憩時間などで皆んなで樂しむ😊♪

面白いアニメを見るたびに想い出す。

私もかつては

本格的にマンガの世界に入ろうと

真剣に漫画を書いていたことがあったな、

と。

#白い紙の上の自由

でも、

本当の自由は紙の上ではなかった。

現実の見える世界の中に

本当の自由はない。

自分の心が本当の自由を

手に入れる入口であり、出口なのだと

その後の人生で手に入れていった❣️

 #懐かしい子どもの頃になりたかったもの

●あなたは何になりたかったですか❓

●それは今でも同じですか❓

過ぎ行く時の中、

薄れゆく時の中で

流れに流され生きていても

ふと何かのきっかけで

想い出す過去の自分。

たまには過去の自分に逢いに

タイムスリップしても

いいかもしれませんね😊✨

あなたの想いと願いが常に天に届き

願い叶いますように

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




1回の閲覧