【塩がなぜ浄化になるの❓②】

ここでは簡単な  "憑依" なんかも離れていくよ👻🙋‍♀️ 『えっ⁉️そうなの⁉️  なんで❓❓🌸 『なぜかというと、

 憑依自体もほとんどが  自分の感情の変化によって  不安や焦りや怒りなどで  心の中心がズレ、そこにできた  隙間に同じ感情の無念さを持つ  浮幽靈や未成仏靈などが  入り込むことが多いの。  だから日々、自己と向き合う時間や  瞑想などの時間。感情を整える時間、  自分の軸を意識して心の筋肉を鍛えて  生きる時間を持つことは  とても大切なんだよね。  それを日常的に行っていると、  自分が自分らしくないことに  いち早く氣付くから憑依に  氣付きやすいし、元の自分に戻しやすい。  そして、外出先なんかでも  瞑想や整える時間が取れないときなどは  塩があれば自分自身の中心のズレを戻して  本来の根源の姿に戻してくれるので、  スッキリして回復するし緊急時とかは  特に役に立つよね。  だから塩が有効だし、  海に入ることも浄化になるんだよ🏖🙋‍♀️ 『じゃあ、海の塩と山の塩。  どっちを使えばいいの』 と更に質問は続く。 🌸 『使い方が違ってね。  海の塩は "自分" のために使う。  つまり自分のズレを戻すときに使う。  軽い憑依の時とかに使うのも海の塩。  本来の自分の源に帰る意味があるから。  本来の自分を守り祓う役割なんだよ。  で、山の塩は "対人関係" の時に使う。  例えば仕事やプライベートでも  緊張する場面や不安で焦りなどが出て  頭が落ち着かないときってあるでしょ?  そういう時に山の塩は役立つんだよ  山の塩を舐めるのが一番いいんだけどね。  山の塩はそこに渦巻く邪念を祓い清め、  相手のペースで自分を見失わないように  自分の心の目的を見失わずブレを防ぎ、  落ち着きを取り戻し、  心を安定化してくれる役割と  相手との話し合いがうまく進む流れを  作ってくれるの。  《しっかりしなきゃ❗️》とか  《ここで決めるぞ‼️》  なんて場面があると判っている日は  山の塩を舐めてから目的地に  向かうなどが役立つ使い方だよ👍  人は焦りすぎたり緊張しすぎたりすると  自分でも何言ってるかわこらなくなり  伝えたいことを伝えきれず  終わってしまうこともあるからね。  そんな時に "#山の塩" を使ってみて🏖』 なんて話をして、 その後も仏教のお話や法話の話。 そして "真理、悟りとは何か" なんて話をしながら朝のお散歩を終えて帰宅。 そこから一日が始まった☀️ やはり朝の深い話しをする時間は貴重。 このように信頼できる誰かと 深い話しをすることも 自己を整える一つの方法になるので 一人だとどうしても 瞑想や自己調整がわからない。 できない。という人は #信頼できる人と深い会話をすること も一つの方法です。 私は日常的にマネージャーからは 色んな疑問が投げかけられるので 私も本当に良い刺激となり、 アウトプットしながらよりその物事を 深めて行けるので本当に有難い😊 今日のお塩のお話。 「みんなが聞きたいと思うから  記事に書いて❗️」 とのリクエストがあったので書いてみました。 更にまた自分も深堀していきながら 少しでも多くの人たちの足元を照らす 灯火や暗闇を照らす太陽となり、 より不安を安心に、絶望を希望に、 そして涙を笑顔に繋げて行けるように尽力し、 聖長を果たして行きたいと思います☺️💓 愛と感謝と祈りを込めて Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸