【固定観念の枠を外すレッスン】


私は昔からよく

「先生」

と呼ばれることが多い人生を

歩んでいます。

でも、

どうにもこうにも自分の中で

しっくり來なくて😖💧

ある、他界された

大好きな俳優さんからも

「先生、先生」

とよく言われ、その度に

「私は先生ではないですよ(笑)

 Succla☆です🌸」

なんて話してたことを

昨日のことのように想い出します。

 「先生」とは一体何か

\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分の中にある

#固定観念の枠を外す

そのレッスンとしても

言葉一つ一つとキチンと向き合い考える。

そんな時間が大切だと思い、

思い切って神様に聞いてみることにしました。

🌸

『神様、

 「先生」

 とよく呼ばれる

 その深い意味はありますか❓』

😇

『先生ですか?』

🌸

『はい、先生です』

😇

『そうですね。

 人間界においての

 「先生」

 と呼ぶその意味は、

 ==========================

 自分よりも先を生き、

 経験や徳積みの中

 その深みを得、悟りの道へと

 真っすぐ人生の極みに向かい歩む人。

 そして、その姿を見る人たちが

 その生き方や在り方に影響を受け

 尊敬の念を深め敬意をはらい呼ぶ言葉。

 ==========================

 でも、これは人間界においても

 同じようなことを言う人たちも

 多いと思いますよ?』

🌸

『そうですよね💦

 なるほど、やはりそこですか。』

😇

『《先生》とは、

 "#先を生きている人" でもあり、

 その先を生きる生き方を

 "#どう生きているか"

 その姿を見た自分がどう感じ、

 どう敬意をはらえるか。

 敬う氣持ちの表れだから、

 相手が「先生」と呼ぶのであれば、

 それはその人にとって

 敬う心を表してくれている

 愛情表現の一つなのですよ。

 なので、そこまで抵抗しなくても

 いいかと想いますよ^^』

🌸

『私の中では、まだ

 「先生」

 と呼ばれる所まで行き着いていない。