【器を広げ深める氣付きと感動】


心に沁みる食事がある🍽

身体を通過していく流れの中で

身に沁み、心に沁み

魂が満足することを感じる味。

#作り手の拘り抜いた匠と極み

それを感じる瞬間が一番

お料理を頂く上で最も好きな時間☺️💕

私が外食をする上で大切にしているのは

むしろそこしかないと言っても良い。

それを感じるために足を運びたくなる。

私はお腹を満たすだけの外食に興味がない❗️

食は心を創り人生を創る

とても大切なものであることを

よく知っているから尚更。

だけど、どれだけお店があろうとも

なかなか匠のシェフ(職人さん)に

出逢うのが難しい💧

でも世界中を回り、

どんなに遠方でも食べに行くお店はある🍽

味が美味しいだけじゃない。

その奥にあるこだわり抜いた

その人の心そのもの人生そのものが

食に映し出されているのを感じる。

それを感じに、

つまりそこから學びを得に行くのだ。

そして、食を頂くとその人の人生に

また生まれて來てくれたことや

出逢ってくれたことに感謝したくなる💓

食を通じてシェフの愛と生き様の深さを

感じるからなのかもしれない。

そんな至福な時間を過ごせることに

心からの幸せを感じます😊💕

セブにも本当に素晴らしい日本人の

料理人の方がいらっしゃいます🏝

私がエネルギーが枯渇していたり

体調がすぐれない時など、

必ず食べたくなる味。

不思議と食べると元氣になり

そのエネルギーと共に

命の時間の使い方に最善が尽くせると

感じられるパワーを頂ける💪

だから本当に好き💕

一言で言うと

#お出汁の深み

と言えば通じるでしょうか?

#目に見えないことがどれだけ大切なのか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それを痛感する瞬間。

その一口から多くの學びを得る。

#お出汁が土台で料理は決まる

と言っても過言ではない。

その土台にどこまで心を添わせ極められるか。

そこにその作り手の

全ての愛と努力と學びが詰まってます💓

そんなことを考えていたとき

ふと、

「あ~、そうか❣️」

#お料理の世界と私のいる世界は共通してるんだ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と氣付いた。

お出汁はお客様には見えません。

"視えない世界" も

相談者さんにはわからないかもしれない。

それでも、通じる何かは必ず届く。

本物であればあるほど

「感動」

という言葉で言い表しても

足りない感動がそこに生まれる✨

だから辞められない。

だから極みを更に求める✨✨✨

なぜなら人の役に立ち喜んで貰えることが

何より嬉しく幸せだから☺️💕

自分で凄く納得してしまいました(笑)

与える側がどこまで相手に

心を寄り添わせ魂を懸けて極められるか。

どこまで尽力でき妥協を許すことなく、

食べて頂くお客様のため、

相談者さんのために

自分の最善を尽くし切れるか。

それはお客様や相談者さんたちの

"安心感" にも繋がり、

お料理もスピリチュアルも同じだと。

なぜなら

 どちらも、ごまかそうと想えばいくらでも

 誤魔化しても誰もわからないから

だけど、誤魔化すことなく、

どちらも

●視えない世界だからこその "拘り"

●視えない世界だからこその "葛藤"

●視えない世界だからこその "極める心"

●視えない世界こそ

 全ての答えが<凝縮>している。