【命を終えた娘 から 今を生きる母へ④】


次の日。

眠っている時に夢を見たことを 教えてくれました。

初めて三人で川の字になって ゆっくり眠れたと。

娘が生まれてから こんなにグッスリと眠れた日は ありませんでした。

と朝の顔もスッキリしてそこから2日。

私の案内する裏Sedonaの数々、 エネルギーの源の奥の院の数々や チャクラに合わせたレイラインや ボルテックスなどを含め、ご案内して よりお二人のエネルギーを整えました。

そして、最終日。

すっかり元氣になった奥様は

『私の命は娘と共にある。  だからこそ私は私の命を  娘の命だと思って、大切にして  これからを生きます

 本当にお世話になりました。

 Sedonaに來れて、  Succla☆さんと逢えて本当に良かった』

晴れやかな顔で車に乗り込み、 山を上る姿を見えなくなるまで 見送り帰って行った。

大切な人の命...

その命の火が消えた瞬間。

それは当人にしかわからない 苦しみや悲しみや孤独感が襲って來るのは 私も経験しているのでわかります。

でも、娘さんが言ったように、 最後、その言葉を奥様が言えたように

#私の命は肉体を終えた大切な人と共に生きる

自分の 目を通して、 口を通して、 耳を通して、 鼻を通して、 身体を通して、 心を通して。

自分の肉体と心を通して

共に生き、 共に経験し、 共に食べ、 共に感動し、 共に泣き、 共に笑う。

そこに姿はなくても一人じゃない。

そこに姿はなくても 心に生きてる姿がちゃんとある。

そして、その大切な魂に恥じないよう、 また後悔を残さぬよう前を向いて 命の天寿が終わるまで生き切る。

人はそうやって命を紡いでいく。

大切な命を大切にできるのは 自分の命と共に大切に生きる所から始まる。

それを改めて感じることが出來た Sedonaで体験した出來事でした。

あなたの命は あなたを大切に想う命達と共に生きている。

あなたが例え見えなくても あなたが例え聞こえなくても

それでも あなたを大切に想う想いを持つ命達は あなたに心からの最大の愛を注いでいる。

だからこそ あなたの命は更に輝き、強くなれる。

どんな人であったとしても 一人として愛されていない人はいない。

見える見えない関わらず、 どんな人であっても あなたはあなたを心から愛する人と 共に今を生きる。

#愛はとても深い

あなたの意識の範囲を超えて 愛はあなたに降り注がれ続けていること この体験を通してあなたに届きますように。

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆