【命を終えた娘 から今を生きる母へ①】

もう10年以上前。 私がアメリカ、Sedonaに暮らしていた頃。

あれは今でも忘れない、 魂と魂の繋がりを 目の当たりにした夜だった。

この出逢いがまさか 命を超えた感動へと導かれるとは その時は思ってもみなかった。


『妻と予約を取りたいのですが』

とある夫婦から連絡が來た。

話しを聞くと、

『妻の精神状態が良くなくて  色んな人からSuccla☆さんの話しを聞き、  Sedonaにいると言うことで  Sedonaまでお伺いしたいのですが  予約は取れますか』

と言うものだった。

私は空いている日程を伝え、 夫婦は州を越えて、 コロラド州からやって來た。

ご主人はとても誠実で真摯な方で 大手企業の顧問や指導を務める方で 奥様も品のある可愛らしい方だった。

『初めましてSuccla☆です』

そう伝えるとご主人は

『噂を聞いてここまでやって來ました。  妻を妻の悩みを聞いて頂けませんか。』

切実に伝えてくる声の波動は かなり切羽詰まったものだった。

話しを聞くと、 ずっと不妊に悩み、あの手この手で ようやく産まれた子どもは 生まれてからずっと保育器の中に入れられ、 保育器から出ても成長障害で管が外れず 5年間手を尽くしたけど 去年努力の甲斐も虚しく らこの世を去ってしまったと言う。

短い5年という命。

それでも夫婦にとっては 長い長い5年と言う歳月。

その間に何とか出來ないか、 何とか救えないか。

初めてこの世に生まれて來てくれた 愛娘の命を何とかしたいと必死だったが 無念に終わった。

と言う流れを聞いて 胸が苦しくなった。

言葉で言い表す以上の想いや現実。

当事者にしかわからない苦しみを含め、 周りとの葛藤や、街を歩き妊婦や 家族連れを見るだけでも どんなに心を痛めていただろう。

瞬時にその心が見えてきた。

『Succla☆さんのリーディングを受けたくて  Succla☆さんがSedonaに  お住まいと聞いてここまで來ました。

 お願いです。

 今、あの子はどうなっているのか  リーディングして下さい。』

言われるまでもない。

だけど、 私が見て判断したのは 今はリーディングではなく、

#エネルギーを整えてあげること

そして、 天からのエネルギーを少しでも注ぎ この閉ざしているエネルギーを 解放していかないと、 いくらリーディングをしても、 心の癖と頑なに

「自分が娘を殺したんだ」

と想い悩む状態は解放できず堂々巡りだ。

しかも州をいくつも越えて、 かなりの遠方から來たので 『それではまた来週』とも言ってられない。

滞在している短い時間で どれだけ私がこの夫婦に 最短で最良、最大限のことが出來るか。

そこに掛かってくる。

だから準備を整え、 奥様に必要なエネルギーのボルテックスへと お連れすることになった。

まずは ・・・

=======明日②へと続く=======

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆