【努力はするものではない・本物のプロとは】


私は10代の頃からの考え方として、

人生とは

●やる氣

●根性

●努力

●先見力

それが何よりも大事だと、

そう生きて來ました。

小学校4年生の時の先見力で

「これからは必ず

 パソコンの時代が來る❗️」

と想い、10代で初めて入ったのは

外資系の大手IT企業🏢

当時はまだ世の中が手書きの時代で

PCを使った企業はほぼない時代でした🖥

その入社面接で

🌸

『私には知識もスキルも経験もありません。

 ですが、

 やる氣と根性と努力と一生懸命さだけは

 誰にも負けません‼️』

と断言し、その想いを受け入れられて

その企業のユーザーサポート事業に

携わった経験があります。

当時の私は、PCに関して完全に

右も左も知らない、

電源の場所もわからないような

ゼロ?マイナスからのスタートでした💦

でも、

「言ったことを実践する❗️」

その想いだけは熱く熱く燃え滾っていて、

その時の私は無我夢中でがむしゃらに

「この業界でTOPを走る❗️」

「やるからには極みまで行き着く❗️」

「これからの時代は絶対に

 パソコンの時代になる❗️」

「先見力を信じて走る❗️」

「何をやるにしても世界一を目指す❗️」

「その目標が自分を育てる❗️」

と考え、

時間に対する境目は一切なしで

日々日々様々なことを吸収し、

その後、他の数々の企業から

ヘッドハンティングを

頂くようになりました。

最終的には、

企業の経営者や病院のドクターたちに

専門的な技術や方法を教え、

更にITの専門誌に出ている

コンテストなどにも毎回応募して、

どんどん高めに高め続けることに時間を

使い切っていました。

やればやるほど疑問が深くなる。

どこまでも終わりはありません。

だからいつでも

「まだだ。まだまだ。

 こんなもんじゃ

 世界一になれる訳がない‼️」

その心で毎日を過ごしてました。

そして、同年代の中には

『どんな努力をすれば

 そこまでいけるのですか?』

『すごい努力ですよね。

 休憩でもパソコンされてますよね?』

と敬語で聞いたり話しかけてくる人や

『どうしてもわからないから

 これを教えてください。』

と頼まれることも度々だった。

「無遅刻、無欠勤

 会社の電氣は私が最初に点ける❗️」

と社員の誰よりも一番に

会社のドアを開き続けた。

9時までには一日でやるべき

ルーティンの仕事は終わらせておく。

必要なこと準備も終わらせておく。

そう過ごしていた。

だから満員電車に乗ることがほぼなかった。

その中で信頼、信用

人間関係を高め深めて行った。

パソコンはもちろん

プリンターも含め中の部品を

アップグレードしたり修理したりも

できていたので確かに

重宝されていたのだとも思う。

でも、私に才能があった訳でも何でもない。

時代を読む自分の先見力を信じ、

目的とし走っただけだ。

先日、たまたま「努力」という話が出た。

その中でふと頭を過ったのは

『あっ。私努力してないわ。』

と。

これは人生の中で

何度か考えたことがあるものなのですが

私の中で努力って

『するものじゃない』

『考えるものじゃない』

もので、

#なりたい自分になるための道

でしかなく、そこを走っているだけで

努力しようと想ってしてしていない。

===========================

『ただ、好きだから、

 目的があるから氣がついたら

 それを達成したいから走ってる』

===========================

それを外から見たら

「努力している」と見えるだけ。

つまり、

やはり努力に対する自分の中の答えは

努力はするものじゃなく、

”自分の人生を大切に向き合い

 目的に走る過程の姿”

でしかない。

でも「努力」というものを

意識してしたこともある。

努力しようと思ってすると

どこか飽きが來たり、続かなかったり

結果まで行き着かないことが多かった。

結果、私は自分の命の時間を