【今、どん底にいるあなたに伝えたい】


子どもの頃から

《人生のどん底》

を幾度乗り越えて來ただろう。

「九死に一生を得る。」

そんな経験や命の最期を感じ

向き合ったことがどれほどあるだろか。

その度に

「神は現実に力を貸してくれている。」

と、どれほど感じて

感謝して生きて來ただろうか✨

そこに

#自分がどれだけ氣付けるかどうか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

で起きる現実の

意味が変わって來る☺️

今、ここに生きている。

それだけが "奇跡"

だからこそ、

#一日を一生

と想い、人生を毎日

無駄にすることなく生き切りたい。

そんな想いが私の毎日を作っています☺️

この人生どこかのどん底のタイミングで

「命」を

「生きる」を

諦めてしまっていたら

今、ここに私はいない。

今の素晴らしい出逢いも経験もない。

==============================

 #生きる とは、

 未来に自分の

 《#生きた証し

 を残し、

 ”#過去の苦しみを超えられる自分

 と出逢い、

 《#幸せとは何か

 を掴むためなのかもしれない。

==============================

『生きる❗️』

『絶対に生きる❗️』

『乗り越える❗️』

『絶対に乗り越えられる❗️』

これは私が私になるための肥やし。

『後に引くな❗️』

『前を見ろ❗️』

『恐れを超えて前を進め❗️』

『行ける❗️』

『絶対に行ける❗️』

『自分を信じろ‼️』

『自分に後悔するような生き方はするな‼️』

『自分に嘘を付いて生きるな‼️』

『それは生きてないのと同じだ‼️』

そう自分に言い、生きて來た。

究極のどん底を感じた時、

●悔しくて苦しくて

 アスファルトや電柱を

 血だらけになるくらい

 泣きながら殴った時も

●外を歩くと、車が磁石のように

 自分にくっついて來る

 そんな感覚で走る車に

 吸い寄せられたときも

●自宅マンションのベランダから

 25階の高さからマンション1階にある

 スーパーまでベランダを超えたら

 行ける氣がしてた日々。

大好きだったベランダが

あの時は恐怖の場所でしかなかった。

ストレス過多により

失語症になっていた時期でもあった。

でも、何度も何度も

地の底に叩き付けられることで

自分の本質が顔を出し話しかけて來る。

「お前は何のために生きているんだ❗️」

「お前は何に幸せを感じる❗️」

「食べるために生きたいのか❗️

 生きるために食べるのかどっちだ❗️」

自分で苦しんで苦しんで苦しんで

出したその答えは、

その後の生きるための一筋の光となった✨

そこで出した答えは

==============================

『誰かのために何かをする。

 それは何でもいい。

 人が ”#ありがとう” と言ってくれる

 その一言の為に私は生きてる。

 そしてそれこそが

 私の最大の幸せであり喜び💕

 これが私の生きる道✨』

==============================

そこでまた声が聞こえてくる。

『だったら病氣になってる暇も

 立ち止まる暇などない❗️

 立ち上がれ❗️自分に負けるな❗️

 立ち上がり前に進め❗️

 這い上がれ❗️

 自分自身の心の暗闇に

 自分自身が光を射せ❗️

 そうすれば、生きる喜びも

 道もすべてが現れ手に入る❗️

 自分で自分を暗闇に落とすな‼️

 立ち上がり乗り越えればそれは、

 何が起きても揺るがぬ

 生き活きた時間となる‼️』

真っ暗闇の心に射した一筋の光✨

この言葉だけでも

私は救われることはなかった。

この言葉にしがみついて離さず

自身で立ち上がった勇氣があったから。

「砂漠に小さなダイヤモンドがある」

と信じて、希望を自分で

持つことを許したから立ち上がれた。

砂漠に小さなダイヤモンドがあるか、

なんかどうかなんてわからない。

あるかないかが問題じゃない。

あると信じて探す為に動く

自分がいることが大事なのだ❗️

諦めたらそこで終わる。

人間、窮地に追い込まれたときに、

そういう氣持ちがあるからこそ

乗り越えられるのだと思います☺️✨

私の大好きな映画

《エヴェレスト~神々の山嶺~》

の名言で

『足が動かなくなったら指で進め❗️

 指が動かなくなったら歯で進め❗️

 歯が動かなくなったら目で進むんだ❗️

 目が見えなくなったら想いで進め❗️

 想え❗️想え❗️想うんだ‼️』

どこまでも自分の目的を諦めずに進む姿。

標高8,848 m。

そこに果敢にチャレンジする登山家は

後を絶たない。

人生もまた、

人生におけるエヴェレストを登るように

目的をしっかりと持ち、

自分の山々を超えて行って初めて、

その山(問題や苦しみ)の意味と

景色を同時に知ることとなり、

感動や達成感、充実感と共に

生きる命の価値と意味を知る。

それは人としても

また深くなる経験になるのだと思う。

あまり振り返ることはないのだけど、

ふと立ち止まり、振り向いてみたら、

こうやって

『この世に生まれ、

 頂いた命を絶対諦めない。

 この時代に残せる何かが必ずある❗️』

それを信じて、今も私は

私のエヴェレストを昇り続けている。

甘え続ける日々は

小さな丘すらも登れない

自分となってしまうから。

生きる命の感謝としてどこまでも

上へ上へ自分の目指した

山の頂上へと立ち向かい進んでいく。

これは常に自己への挑戦でしかない。

======================

  百尺竿頭一歩を進む

  人生には必ず次がある

======================

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示