【ヒーリングの裏話 第3話/3部作】

〜鳥は何故鳴くの    森はなぜ緑なの〜《森林浴ver.》


長くなったが、それが

#鳥がなぜ鳴くか#樹々がなぜ緑なのか

に繋がって來る。

人間にも人間のエネルギーの バランスを取ったり守ったりするために "#生体エネルギー" が流れている。

その生体エネルギーは ストレスや怒りや悲しみに触れたり、 疲れが溜まってくるとすべて崩れ始め 修復に時間がかかる場合もある。

そんな時、 人は森林浴や温泉や旅行といった 毎日とは違う非現実世界を求めて 行くことが多い。

究極、 「山の中に住む」も切っ掛けはともかく、 生体エネルギーを育てるのも 磨くのも癒すのも最高の環境だ。

その最高の環境に入った時。

緑や樹々たち、鳥たちは 人間を祝福してくれて癒してくれる。

鳥は自分たちの生体領域に人間が入ると すぐに周波数で違いをキャッチする。

そして、 その周波数の乱れもチェックし、 その対象者を見つける。

見つけたら鳥たちは 人間に素直な心で(と思っている) 歌い始める。

人間が森を守ってくれるから 人間が自分たちの命を重んじてくれるから 人間がこの地球を守ってくれると 知っているから

"期待と希望と感謝を込めて鳥は歌い始める"

鳥には周波数を癒す力が高い。

鳥の鳴き声の周波数は そこにいる人間に必要な周波数に合わせ 修復してくれる力を持つ。

だから、 鳥は森林浴に出かけた自分の為に オーダーメイドで鳴いて癒してくれる。

すると、 人間はその声に癒され どんどんどんどん心も身体も修復されていく。

人間という種族が 地球を守れることを知っているから。

どこにでも行けて 何でもできて意志一つで 「沢山の可能」を生み出せる種族だと 知っているから。

だから人間に想いを馳せる。

だから人間の為に全力で 自分たちのできることをして力づける。

樹々たちも同じ。

樹々たちにとって緑と言うのは 一番エネルギーの高い、最高潮の色で 本来、それを自分たちに取り込んだら 茶色くなる。

だけど、葉っぱたちが 「なぜ緑を保ち続けるのか」

それは、人間に 最高のエネルギーを届けるためであり、 人間を応援するためでもある。

もしかしたら その色を取り込めば樹々たちは 長く健康に過ごせるかも知れない。

だけど、 この地球に存在しているのは 自分たちだけの種族だけではないことを 樹々たちも鳥たちもよく知っている。

だから自分たちよりも 地球を守る役目のある人間に 自分たちの大切な最高のエネルギーを 与えてくれる。

私たちは種族として 多くの種族に応援されて生かされている。

ただ、鳥の声に癒され ただ、森林浴に癒されるだけではない

そこには、多種族の 声にならない優しさや温もりが 愛となって人間に届けられるのだ。

だからこそ、 人間は氣付くことが大事で、 氣付くことから行動や思考に影響を与え、 氣付くことから感謝や やる氣も生まれて來る。

人間が多くの種族に支えられて 生きているのは、その種族たちの 心と共に地球に愛とエネルギーを降り注ぎ、 地球という素晴らしい星を 長く健康的に守り続けるため なのではないかと心から思う。

一人一人が大きな活動ができなくてもいい。

そこが大事なのではなく、 一人一人や多くの種族の愛の上に 今の自分の命が成り立ち、 また家族や友人、そして同僚や知人、 自分の周りにいる多くの人たちの 愛の上に自分の命は守られているのだと感じ、 命の時間を大切に生きて欲しい。

そしてその中で、少しでも良いから 心を自然や鳥や魚や動物たちが 自分たちの命の大事なものを使って 人間を応援してくれているのだ ということに氣付き、自分たちのできる 優しさを届けてあげて欲しい。

そうすると、 一人一人の小さな行動も 大きな力となり、地球の未来を 少しでも豊かな星となるかもしれない。

私たちはその源である。

それを少し 心に留めておいてくれると私も嬉しい

=======================

 すべては 愛から始まり

 すべては 愛と感謝で終わり

 すべては 愛で繋がる

=======================

そんな素敵な繋がりが これからも増え続けますように。

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆