【ご先祖供養はどこまで供養するべきなのか】


===============================

 

#ご先祖供養

 

と言っても

どこまでのご先祖さまに想いを馳せて

御供養すれば良いのか・・・


===============================

 

 

そんな質問が寄せられたことがあります。

 

 

 

 

顔も名前も判らないし、

全てが載ってる

家系図もある訳ではない。

 

 

でも、

命の繋がりの家系全体の

ご先祖さまに御供養しなくては。

 

 

そんなことを考えられる方も多いです。

 

 

 

 

ご先祖さまと言っても、

 

両親と両親のそれぞれの両親

2代遡るだけで計6人。

 

3代遡ると14人

 

10代遡ると2,046人

 

20代遡ると104万8,576人

 

28代遡れば1億人以上の

 

ご先祖さまが存在するのです。

 

 

これは直径だけでのお話です。

 

 

兄妹や親戚まで入れると

数え切れないほどの

ご先祖さまが存在していきます。

 

 

 

 

この誰か一人でも欠けていたら

自分は生まれて來れなかった

かもしれない。

 

 

 

 

ですので、

私たちが生まれて來るまでには

多くの奇跡と深いご縁のもと

生まれて來ているので

 

"#頂いた命を大切に生きる"

 

と言うのは当然です✨

 

 

 

 

よく言われる、自分の家の

ご先祖供養をするということは

 

その内の一系に過ぎず、

もし、自分に繋がるご先祖様を想い、

敬い、感謝するのであれば

1億人以上の数のご先祖さまに

感謝をしなくてはいけなくなる

 

と言うことになるのです。

 

 

そして、その一族の中でも

自分にご縁の深いご先祖さまと

両親や兄妹にご縁の深い

ご先祖さまは違います💡

 

 

100万人以上いるご先祖さまの中で

ご縁が深いご先祖さまを

どう見つけるのか。

 

 

明日はその内容を書きたいと想います☺️

 

 

 

 

あなたの深きご縁のご先祖さまと繋がり

子孫としての役割を果たし、また自らも

子孫に高い徳を残していけますように

 

 

 

 

心を込めて

愛と感謝と祈りを込めて

 

 

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示