【あなたの "愛用品" が伝えたい氣持ち①】

最終更新: 11月22日

以前、ある工房の家主の

リーディングをした時のこと⚒

家主は趣味で革製品を作り続けていた。

家にはプロ顔負けの工房が

一室を占めており、

何と使い勝手の良い工房なのだと

感心と感動しかない部屋だった✨

家主は感覚も

研ぎ澄まされていながらにして

超が付くほどの理論家で、

そのギャップにいつも自分なりの

答えを導き出していた人だった。

そしてIQも高く何でもできる。

何でも簡単にできてしまうからこそ

何をやっても熱が入らない。

「自分はこれだ❗️」

というものが見つけられないと

苦しんでいた。

#自分は何をしたいのか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何かをして できなければ、

「これじゃないんだ」

と諦めも付くのに、

何をしても何でもできてしまうと

「もしかしたらこれなのかも?」

と思ってしまい諦めもつかない。

だけどどこか諦めてる。

「結局これも同じか・・・」 と。

そんな彼が友達からの紹介で

セドナにリーディングと魂のツアーに

來たときも同じ悩みだった。

何年経っても深い悩みは

解決に至らないまま時が過ぎ、

私が彼の家に友人たちと

遊びに行ったときも

同じ悩みで苦しんでいた。

『やはり何がしたいのかわからないの❓』

誰かがその言葉を発して

みんなの会話が始まった。

🧓

『わかってたら今のこの悩みはないよね。』

『まぁ、確かに。

 でも何でもできるのも本当に辛いんだね。』

🧓

『いや~、

 「これしかない❗️」

 と想えることがあればさ、

 それを一生懸命走ればいいと思うけど、

 「これしかない❗️」がないんだよ。』

『何でもできるからね。

 できないものを探す方が

 難しいくらいだもんね。』

そんな会話を彼の作ってくれた

シュークリームを食べながら

円になって5人ぐらいで話していた時、

ふと壁の向こう側から

私が何かに呼ばれる感覚があった。

🌸

『この壁の向こうの部屋って何なの❓』

と会話の途中だったけど聞いてみた。

🧓

『あ~その部屋は勝手に工房作ってる。

 作業部屋だよ。』

🌸

『ふぅ~ん。そうなんだ。

 なんか氣になる。』

🧓

『えっ⁉️何々⁉️

 さくらちゃんが

 氣になることが氣になるよ。』

みんなが口々に言う。

🌸

『確かにそうだよね😅』

そうすると家主が

🧓

『見てみる❓』

と言ってくれたので、

「見る!」と言って

その部屋を案内してもらった。

🌸

『何か今の話に関係あるかどうかは

 わからないけど、何か呼ばれてる

 氣がしてるんだよね〜』

そう言い、部屋に入ると

工房に所狭しと並べられていた工具たちが

「待ってました!」

と言わんばかりに話し始めた。

🌸

『あ~、

 工具がなんか話をしたいみたいだよ❓

 ちょっと話ししてくるね❣️』

と言い椅子に座った。

そしたらすぐに工房自体が

まるでダイアモンドダストに

包まれたようなキラキラした

光りが降り注ぐような景色となり

工具たちの話し声が聞こえ始めた。

🔨

『ねぇねぇ誰から話す❓』

🔧

『えっ?だって聞こえるのかな❓』

🔩

『聞こえてなかったら

 あんなこと言わないよ。

 きっと僕らの話がわかるんだよ❗️』

目をキラキラさせた工具たちが

口々に話し始める。

🌸

『全部聞こえてますから~(笑)』

と想いながら聞き、

すると一本の+ドライバーが話し始めた。

『僕たちの声聞こえる❓』

🌸

『聞こえるよ😊

 だからここに來たんだもん。

 何か話したいことがあるんだよね❓』

すると他の-ドライバーやニッパー、

はんだごてとかも同じように

どんどん話し始めた。

🛠

『僕たち心配してるんだ。ご主人様のこと』

🌸

『ん⁉️どういうこと❓』

🛠

『ご主人様・・・・・

=======明日②へと続く=======

愛と感謝と祈りを込めて

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




0回の閲覧