【あなたの明日が幸せでありますように】


〜お釈迦さまの命を超えた愛〜

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

お葬式や法事でよく耳にする

 

 

「仏さま」

 

 

この仏さまとは

"故人" を偲んで呼ばれています。

 

 

 

 

でも、

 

 

「仏さま」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

という呼ばれ方。

 

 

 

 

お寺の御本尊さまも「仏さま」

 

 

浄土宗のお寺であれば阿弥陀さまが

御本尊であることが多いですが

その阿弥陀さまも「仏さま」

 

 

・お地蔵樣

 

・観音樣

 

・お不動樣も

 

 

総じて「仏さま」と呼んでいますよね。

 

 

 

 

 他界された方と阿弥陀さまは

 同じでしょうか❓

 

 

 

 

いいえ、違います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

「故人」を「仏さま」と呼ぶのは

日本くらいだそうです🇯🇵

 

 

 

 

今から1500年ほど前、朝鮮半島から

仏教が伝わった頃の日本は

 

#八百万神の神

 

と言われるように、数多くの神樣が

いらっしゃるものと考えられていて、

 

「仏さまも神樣の一人だろう」

 

と捉えられていました。

 

 

 

 

また、

 

「人は死後いずれは神になる」

 

とも考えられていて、この

 

 

「人は神になる」

 

 

 

 

「仏さまも神樣のうちの一人」

 

 

との考え方が混ざり合い、

「故人」を「仏さま」と呼ぶようになった

 

 

という説があります💡

 

 

 

 

それは、亡くなった方を尊敬し、

大切に思う表れでもありますが、

日本人らしい心の細やかさや

大いなるものに対する

崇敬の念が感じられます✨

 

 

 

 

では本来仏教で言う「仏さま」とは何か

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

そもそも「仏」とは

#悟り」を開いた人のこと。

 

 

つまり、悟りを開いた方のことを

「仏さま」と呼びます。

 

 

そしてその仏さまが説いた「教え」が

「仏教」なのです。

 

 

 

 

その仏教をスタートさせた方が

#お釈迦さま

 

 

日本人とは

切っても切り離すことのできない

「仏教」

 

 

その教えは、

あなたの明日が幸せになるようにと

その願いを込めた愛そのものなのです💕

 

 

つまりは、

悟りを開いたお釈迦さまの人に対する

愛が今もなお尊ばれ存在しています☺️

 

 

 

 

やはり想います。

 

 

たった一人であったとしても

"愛" を軸に生きていれば、

周りの人やまだ見ぬ誰かの

役に立ち笑顔となる😊

 

 

それは自分の命を超えた

日々の生きる証しが残るからです✨

 

 

 

 

そんな生き方をし続け

更に高め、深め続けたい。

 

 

そして、届け続けたい💕

 

 

 

 

大きな愛に包まれて

あなたの明日も笑顔で幸せで

温もりに包まれた時間を過ごせますように。

 

 

と願いを込めて

ここに記し、贈ります🎁

 

 

 

 

心を込めて

愛と感謝と祈りを込めて

 

 

Succla☆🌸🍡☺️🍡🌸




3回の閲覧0件のコメント